PCR検査

 

当院は、愛知県指定の診療・検査医療機関として発熱外来・新型コロナウイルスの行政検査を行っております。

2021年夏より開始し、これまでに100名以上の陽性者を保健所に届出してきました。

 

 

【対象】

発熱・倦怠感などの症状がある方、濃厚接触者の方。

※ 無症状、海外渡航用証明書希望の場合は保険適応にはならないため自費となります。

 

 

【料金】

保険適応の場合、初診料、検査料込みで3割負担で約3,000-3,500円、1割負担で約1,000-1,500円の自己負担となります。

COVID-19の検査料金は国の負担となるため無料です。

 

 

【検査方法】

当院駐車場でドライブスルー方式で検査を行います。

(月)〜(金)11:00、17:00、(土)11:00にまとめて検査を行っています。

マスク着用の上、健康保険証をご持参ください。

建物向かって右側の砂利道沿いの駐車場に到着後、車内でお待ちください。

 

 

繁忙期の場合(2022年1月-)

検査時は道路や駐車場の混雑が見られ、待ち時間も長くなっておりますが順次検査を行っていきますのでご了承ください。検査後すぐにご帰宅いただき、当日中にお電話で結果をご連絡いたします。その後投薬・会計のため再度ご来院いただきます。なお、検査時に一時金(5,000円)をお預かりする場合がございます。検査当日20時までに結果の電話連絡がない場合は当院までお電話ください。料金の精算は検査から1週間後以降(陽性者は2週間後以降)に直接受付までお越しください。

 

閑散期の場合:

検査後駐車場でお待ちいただき、20-30分ほどで結果が判明します。同時に投薬・会計を行います。

 

 

 

【ご予約について】

感染者多数により業務が逼迫しております。

ご予約方法を一旦お電話のみにさせていただきます。

なお、1/22の検査は満員となっています。

 


English  中文   한국어   Português  Español

 

【臨時休診・臨時診察日について】

トップページをご覧ください。

 

 

 

当院では、海外渡航・海外出張・海外旅行のための新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のPCR検査・英文健康証明書(PCR検査陰性証明書)の作成を行っております。

・2020年 7月より開始し、4000件以上の検査実績あり。旅行会社様との提携も行っています。確実な海外渡航をサポートいたします。

※即日証明書発行可能です。

 

 

 

【対応可能な国について】

現状、全ての国の対応可能です。

各国の規定に関しては、入国される国の大使館や外務省 海外安全ホームページなどでご確認ください。

当院は、経産省TeCOT(海外渡航者新型コロナウイルス検査センター)協力機関・日本渡航医学会指定協力医療機関・日本旅行医学会認定施設・中国駐日大使館、総領事館指定PCR検査機関ハワイ州推奨医療機関愛知県指定診療・検査医療機関です。

70か国以上の国の診断書作成実績があります。

当院で診断書作成実績のある国:中国、アメリカ、インドネシア、タイ、インド、イギリス、ブラジル、南アフリカ共和国、台湾、ベトナム、韓国、カンボジア、ドバイ(UAE)、ハワイ、ロシア、香港、カナダ、サウジアラビア、メキシコ、シンガポール、オーストラリア、フィリピン、マレーシア、ネパール、フランス、チェコ、エクアドル、アフガニスタン、クウェート、トルコ、ケニア、エジプト、ミャンマー、スリランカ、ラオス、パナマ、コロンビア、ペルー、タンザニア、モーリタニア、ウガンダ、ナイジェリア、モロッコ、オーストリア、ベルギー、ハンガリー、ドイツ、スペイン、ポルトガル、スウェーデン、フィンランド、オランダ、イタリア、マルタ、ベラルーシ、ヨルダン、パキスタン、ボリビア、バングラデシュ、レバノン、カタール、ニュージーランド、ブルガリア、アルゼンチン、アイルランド、デンマーク、エストニア、ポーランド、ルーマニア、イスラエル、ウズベキスタン、キプロス、アイスランド、アルジェリア、スーダン、ルワンダ、マダガスカル、ホンジュラスetc

2020年7月から開始し、これまで4000件以上陰性証明書を作成しております。

シンガポール渡航用、インドネシアVISA申請用、エジプト・バーレーン渡航用などでQRコード付き陰性証明書が必要な場合はご予約の際にお伝えください。

愛知県全域、三重県、岐阜県よりご来院いただいております。

船で海外に寄港される船員の方々の団体様もお引き受けしております。

 

※  【2022/1/11更新】中国へ渡航される方はこちらをご覧ください。

※  【2021/12/5更新】アメリカへ渡航される方はこちらをご覧ください。

※  【2021/12/5更新】ハワイへ渡航される方はこちらをご覧ください。

※  【2021/4/2更新】タイへ渡航される方はこちらをご覧ください。

※  【2021/9/6更新】入国前48時間以内のPCR検査が必要な国へ渡航される方はこちらをご覧ください。

※  アメリカ渡航用「Documentation of Recovery」など、PCR検査なしの簡単な健康証明書は税込5,500円で承ります。(複数枚に及ぶ複雑な証明書の場合は税込11,000円)事前にご予約の上、一般診察時間内にお越しください。

※  帰国後の検査、国内での各種イベント、県をまたぐ移動、企業などでPCR陰性証明書が必要な場合もご相談ください。日本語の証明書代込みで税込30,000円となります。詳細はこちらをご覧ください。

 

 

 

【PCR検査について】

ドライブスルー方式(徒歩でご来院される方はウォークスルー方式)で検体採取を行っております。PCR検査に来院される患者様同士の接触がないため、感染リスクをなくし、プライバシーを守ることができます。また、院内にお入りいただかなくて良いため、到着から最短5分以内にお帰りいただけます。

確実に渡航できるように基本的には世界標準の検査である鼻咽頭ぬぐい液でのRT-PCR検査を行います。

自費での診療となるため、税込45,000円となります。(英文健康証明書代込み)

中国へ渡航される方はIgM抗体検査が必要なため、税込50,000円となります。

月曜〜金曜日、朝8時台に検査をした場合→当日16:00に証明書を発行します。16:00に検査をした場合→当日19:00に証明書を発行します。土曜日、朝8時台に検査をした場合→当日12:30に証明書を発行します。

その他の時間帯の検査が可能な場合や、最短1時間で証明書を発行可能な場合もありますので、フライトの都合で短時間で証明書をご希望の方はお電話でご相談ください。

万が一、無症状にもかかわらず陽性の結果がでた場合は、フライトまでに時間があれば再度ご来院いただき無料で再検査をさせていただきます。

渡航当日に何かトラブルがあれば当院へお電話 or メールでご連絡ください。休診日は留守電になりますが、氏名、電話番号、ご用件をゆっくりとお話しください。電話を切ってから約10分後に担当者へ転送されます。

 

 

 

メールで証明書送信も可能ですが、国によっては医師の手書きのサインや印鑑を求められる場合があるためご注意ください。

PCR検査の提供数に限りはなく、ご予約がいっぱいという理由でお断りすることはありません。企業単位・出張検査(20名様以上)でお受けすることも可能です。

法人での一括予約・請求書払いもお受けしております。

 

 

 

【ご予約・お支払いについて】

 

当院で初めて検査を受けられる方用入力フォーム

当院で過去に検査を受けたことがある方用入力フォーム(省略版)

▲パスポートをお手元にご準備の上、こちらよりご予約ください。

当院で過去に検査を受けられた方は、「ご希望の検査日時」をお電話かメールでご連絡いただくのでもご予約可能です。

・予約方法:お電話(TEL: 0561-74-1551、平日9:00〜12:30  16:00〜19:00  土曜9:00〜12:30) or お急ぎでなければ上記の入力フォームよりご予約ください。人数が多い場合は、メールやFAXでまとめて情報をお送りいただくのでも構いません。

※  入力フォームからのご予約は休日も受け付けております。ご予約確定の返信は翌営業日となりますがご了承ください。

※  多くの企業様・個人の方よりご予約を頂いており、お電話がつながりにくい状態が続いております。

・お支払い方法:現金、お振込、請求書払い(クレジットカードは対応しておりません)

 

・対象地域:当院へ受診可能であれば地域は問いません。県外からも多くご来院いただいています。日進市・長久手市・東郷町・みよし市・長久手市・名古屋市(千種区、昭和区、瑞穂区、熱田区、南区、緑区、天白区、名東区、守山区、東区、中区、北区、西区、中村区、中川区、港区)・尾張旭市・春日井市・瀬戸市・小牧市・岩倉市・一宮市・稲沢市・江南市・津島市・弥富市・愛西市・あま市・清須市・犬山市・北名古屋市・豊田市・豊明市・大府市・刈谷市・知立市・東海市・安城市・半田市・常滑市・岡崎市・西尾市・碧南市・知多市・蒲郡市・豊橋市・豊川市・田原市・新城市(愛知県全域)、岐阜市・多治見市・可児市・各務原市・羽島市・大垣市・関市・土岐市・瑞浪市(岐阜県全域)、湖西市・浜松市・磐田市・袋井市・掛川市・菊川市・牧之原市・吉田町(静岡県全域)、桑名市・四日市市・鈴鹿市・津市・いなべ市(三重県全域)、東海地方全域、その他

【臨時休診・臨時診察日について】

トップページをご覧ください。

 

 

当院では、国内での各種イベント(スポーツ、ライブ・コンサート、舞台・演劇、オーディション、ビジネス、帰省、旅行、集会、入場・入会・入園・入所など)、県をまたぐ移動、企業のための新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のPCR検査を行っております。

陽性者と接触したものの濃厚接触者には当たらないと言われた場合、無症状で企業からPCR検査を勧められた場合、市販キットの精度に不安がある場合などにご利用いただいております。

当院は、愛知県指定診療・検査医療機関として発熱外来・行政検査を行っており、高精度の検査が可能です。

 

発熱・倦怠感など新型コロナウイルス感染症を疑う症状がある方、濃厚接触者の方は、保険適応となる場合があるためお電話でご相談ください。

 

 

【検査について】

ドライブスルー方式(徒歩でご来院される方はウォークスルー方式)で鼻咽頭ぬぐい液の採取を行っております。患者様同士の接触がないため、感染リスクをなくし、プライバシーを守ることができます。

月曜〜金曜日、朝8時台に検査をした場合→当日16:00に証明書を発行します。16:00に検査をした場合→当日19:00に証明書を発行します。土曜日、朝8時台に検査をした場合→当日12:30に証明書を発行します。

その他の時間帯の検査が可能な場合や、最短15分で証明書を発行可能な場合もありますので、短時間で証明書をご希望の方はお電話(0561-74-1551)でご相談ください。

 

 

核酸増幅検査(NEAR法)の場合、税込30,000円、結果は15分〜数時間以内に判明します。

核酸増幅検査(RT-PCR法)の場合、税込35,000円、結果は2時間〜12時間以内に判明します。

 

 

NEAR法もRT-PCR法も厚生労働省承認のCOVID-19の核酸増幅検査であり精度はほぼ変わりません。

NEAR法は核酸増幅技術の発達により短時間で遺伝子検査の結果が得られるようになったものです。

「新型コロナウイルス遺伝子検査・核酸増幅検査 NEAR法:陰性」という記載で良い場合はNEAR法「RT-PCR法:陰性」という文字が必要な場合はRT-PCR法をご選択いただき、ご予約の際にどちらかお知らせください。

ご指定がない場合はNEAR法で検査いたします。

 

 

PCR検査の提供数に限りはなく、ご予約がいっぱいという理由でお断りすることはありません。企業単位・出張検査(20名様以上)でお受けすることも可能です。

法人での一括予約・請求書払いもお受けしております。

 

 

【ご予約・お支払いについて】

当院で初めて検査を受けられる方用入力フォーム

当院で過去に検査を受けたことがある方用入力フォーム

▲こちらよりご予約ください。

当院で過去に検査を受けられた方は、「ご希望の検査日時」をお電話かメールでご連絡いただくのでもご予約可能です。

・予約方法:お電話(0561-74-1551) or お急ぎでなければ入力フォームよりご予約可能です。フォームでの受付は時間外・土日も可能です。人数が多い場合は、メールやFAXでまとめて情報をお送りいただくのでも構いません。

※  メールの返信は夜間になる場合がございますので、お急ぎの場合はお電話をお願いいたします。

 

・電話での予約受付時間:検査当日でも可能(平日9:00〜12:30  16:00〜19:00  土曜9:00〜12:30)

※  多くの企業様・個人の方よりご予約を頂いており、お電話がつながりにくい状態が続いております。

 

・お支払い方法:現金、お振込、請求書払い(クレジットカードは対応しておりません)

 

・対象地域:当院へ受診可能であれば地域は問いません。県外からも多くご来院いただいています。日進市・長久手市・東郷町・みよし市・長久手市・名古屋市(千種区、昭和区、瑞穂区、熱田区、南区、緑区、天白区、名東区、守山区、東区、中区、北区、西区、中村区、中川区、港区)・尾張旭市・春日井市・瀬戸市・小牧市・岩倉市・一宮市・稲沢市・江南市・津島市・弥富市・愛西市・あま市・清須市・犬山市・北名古屋市・豊田市・豊明市・大府市・刈谷市・知立市・東海市・安城市・半田市・常滑市・岡崎市・西尾市・碧南市・知多市・蒲郡市・豊橋市・豊川市・田原市・新城市(愛知県全域)、岐阜市・多治見市・可児市・各務原市・羽島市・大垣市・関市・土岐市・瑞浪市(岐阜県全域)、湖西市・浜松市・磐田市・袋井市・掛川市・菊川市・牧之原市・吉田町(静岡県全域)、桑名市・四日市市・鈴鹿市・津市・いなべ市(三重県全域)、東海地方全域、その他

(2021年9月6日更新)

日本からシンガポール・スウェーデン・デンマーク・イタリア・バーレーンなどへ渡航する際には、入国前48時間以内にPCR検査を受ける必要があります。

時間制限が厳しく、通常の当院の検査手順(朝に検査を受けていただき、夕方に証明書お渡し)では間に合わない可能性があります。

日にち・人数に限りがあるものの、院内で検査した場合は検体採取から最短1時間ほどで証明書をお渡し or メールで送信することが可能です。

これらの国へ渡航される方でお困りの方は、一度お電話(0561-74-1551)でご相談ください。

料金は検査、証明書の作成料、全て込みで税込45,000円となります。

 

(2021年4月2日更新)

2020年7月1日より日本からタイへ渡航する際に、渡航前72時間以内に発行された英文のRT-PCR検査による新型コロナウイルス非感染証明書が必要です。

(2021年4月1日から搭乗可能健康証明書(Fit to Fly Health Certification) の提示が不要になりました。)

 

在東京タイ王国大使館ホームページ「お知らせ」

在タイ日本国大使館「新型コロナウイルスの感染拡大防止のためのタイに入国する渡航者に対する防疫措置」

 

当院ではPCR検査および陰性証明書の発行を行うことが可能です。

・月曜〜金曜日、朝8時台に検査をした場合→当日16:00に証明書を発行します。16:00に検査をした場合→当日19:00に証明書を発行します。土曜日、朝8時台に検査をした場合→当日12:30に証明書を発行します。

・その他の時間帯の検査が可能な場合や、最短1時間で証明書を発行可能な場合もありますので、フライトの都合で短時間で証明書をご希望の方はお電話でご相談ください。

料金はPCR検査、証明書の作成料、全て込みで税込45,000円となります。

 

 

お問い合わせフォーム上方に記載された全ての項目をご入力いただくことでご予約可能です。

 

 

English

 

【2021/12/5更新】

2021/1/2 13:00出発の便に合わせて、2021/1/1の朝8時台にもPCR検査を行うこととしました。

 

 

2021年12月6日より日本からアメリカ合衆国へ渡航する場合、2 歳以上のすべての空路旅客は「出発前1日以内」にウイルス検査を受ける必要があります。

「24時間以内」ではなく、「1日以内」となっており、前日であれば時間はいつでも良いとのことです。

 

下記、在アメリカ合衆国日本国大使館サイト「出発前検査FAQ仮訳」からの引用です。(かなりわかりやすい解説となっています。)

この命令は、なぜ24時間ではなく1日としているのですか?何が1日と考えられますか?
1日という期間はフライト出発前1日ということです。この命令では、空路旅客や航空機オペレーターがより柔軟に対応できるよう、24時間ではなく1日という時間枠を用いています。1日という時間枠を用いることで、検査の有効性がフライトの出発時間や検体採取時間に左右されることはありません。
例えば、金曜日午後1時のフライトで出発する場合、その週の木曜日(時間を問わず)以降に検体採取し取得した陰性の検査結果で搭乗できます。

 

 

また、過去90日以内のCOVID-19陽性者は、PCR検査ではなく、 Documentation of Recovery の提出が必要です。

 

 

その他詳細は、CDC Amended Order(英語)や、在アメリカ合衆国日本国大使館 ワクチン接種証明および陰性の検査結果の提示(日本語)をご確認ください。

 

 

 

当院はアメリカ渡航用の検査および陰性証明書、documentation of recoveryの発行を行うことが可能です。

月曜〜金曜日、朝8時台に検査をした場合→当日16:00に証明書を発行します。16:00に検査をした場合→当日19:00に証明書を発行します。土曜日、朝8時台に検査をした場合→当日12:30に証明書を発行します。

時間に制限があるため、結果はPDFをメールでお受け取りになられることをおすすめします。

その他の時間帯の検査が可能な場合や、最短20分で証明書を発行可能な場合もありますので、空港への移動の都合で短時間で証明書をご希望の方はお電話でご相談ください。

検査料金(英文陰性証明書込)は税込45,000円、Documentation of Recoveryは税込5,500円です。

 

鼻咽頭ぬぐい液を採取し、Abbott社のID NOW™で検査を行います。

NEAR法による等温核酸増幅法は、CDC (The United States Centers for Disease Control and Prevention)で認められているSARS-CoV-2に対するnucleic acid amplification test (NAAT)です。

・What types of SARS-CoV-2 test are acceptable under the Order?
Passengers must be tested with a viral test that could be either an antigen test or a nucleic acid amplification test (NAAT). Examples of available NAATs for SARS-CoV-2 include but are not restricted to reverse transcription polymerase chain reaction (RT-PCR), reverse transcription loop-mediated isothermal amplification (RT-LAMP), transcription-mediated amplification (TMA), nicking enzyme amplification reaction (NEAR), and helicase-dependent amplification (HDA).

引用:https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/travelers/testing-international-air-travelers.html

 

documentation of recovery発行をご希望の場合は、ご予約の上、一般外来の診察時間にお越しいただき、診察後その場で証明書をお渡しいたします。

入力フォームまたはお電話でご予約可能です。

 

2021/12/5更新

 

2020年12月6日より日本からハワイへ渡航する場合、出発する1日前以内に陰性証明書を入手する必要があります。

ハワイ州 新型コロナウイルス情報サイト 旅行のプロセス

 

下記、「アメリカへの渡航について」のページもご参照ください。

●アメリカへの渡航について●

 

当院はハワイ州推奨医療機関として認定されており、PCR検査およびハワイ州指定陰性証明書の発行を行うことが可能です。

月曜〜金曜日、朝8時台に検査をした場合→当日16:00に証明書を発行します。16:00に検査をした場合→当日19:00に証明書を発行します。土曜日、朝8時台に検査をした場合→当日12:30に証明書を発行します。

その他の時間帯の検査が可能な場合や、最短20分で証明書を発行可能な場合もありますので、フライトの都合で短時間で証明書をご希望の方はお電話でご相談ください。

料金はPCR検査、診断書作成料、ハワイ州指定の用紙代、全て込みで税込45,000円となります。

 

鼻咽頭ぬぐい液を採取し、Abbott社のID NOW™を使用しNEAR法で検査を行います。

NEAR法による等温核酸増幅法は、CDC (The United States Centers for Disease Control and Prevention)で認められているSARS-CoV-2に対するnucleic acid amplification test (NAAT)です。

 

入力フォームまたはお電話でご予約可能です。

 

中文

 

当院は在日大使館・総領事館指定検査機関として認定されており、PCR検査およびIgM抗体検査を行うことが可能です。当日は鼻スワブでの検査に加え、院内で血液検査を行います。

朝8時台に検査を受けていただくと、当日16:00に証明書をお渡しすることができます。

当院は中国だけで数百件の証明書作成実績がございます。

料金はPCR検査、IgM抗体検査、大使館指定フォーマットでの証明書作成料、全て込みで税込50,000円となります。

お電話または入力フォームよりご予約可能です。

 

 

(2022年1月11日更新)

中華人民共和国駐日本国大使館サイト「2022年1月12日より中国渡航におけるPCR検査追加のお知らせ」2022/01/07

新たに追加したPCR検査に関する「よくある質問」

2022年1月19日より、日本から中国へ渡航する中国籍及び外国籍の旅客は、以下の手順を踏む必要があります。

1、搭乗予定日の7日前にPCR検査を行う

2、検体採取日から7日間(搭乗の前日まで)の健康観察及び自己健康状況観察表.docx記入する。

3、搭乗予定日の2日以内に“ダブル検査”(PCR検査及び血清特異性IgM抗体検査)を行う。

4、搭乗予定日1日前20:00までに、健康コード申請書類をまとめてアップロードする。

上記すべての検査は中国駐日本国大使館・総領事館が指定する検査機関で行ってください。

 

 

 

また、陽性歴の有無・ワクチン接種歴の有無により申請方法が変わるため、下記のページをよくご覧いただきご準備ください。

中華人民共和国駐日本国大使館サイト「健康コードの新政策についての説明」2021/09/29

中華人民共和国駐日本国大使館サイト「重要!健康コードに関する最新のお知らせ」2021/09/06

 

陽性歴がなく、ワクチン接種歴のない方

ダブル陰性証明、日本の居留証明(在留カード、住民票、ビザなど)、航空券の予約証明をご提出ください。外国籍の方は、中国のビザ或は居留許可も必要です。

 

陽性歴がなく、ワクチン接種歴のある方

ワクチンの接種が完了した後、14日間を経てからダブル検査を行ってください。14日間未満の場合健康コードを取得できません。例えば9月1日に接種完了の場合、9月16日から検査可能です。

上記書類に加え、市町村の発行した「新型コロナウイルス予防接種証明書をご提出ください。(抗体が陰性の場合も必要です)

 

【陽性歴がある方】

以下のステップを踏まえて健康コードをご申請ください。

①肺のCTまたはX線検査及び2回のPCR検査を行います。
診断証明書(肺に異常なしと記載)は事前審査の1ヶ月以内、2回のPCR検査(検査日時は24時間以上空けること)は事前審査の3日以内に行い、事前審査のために「お名前・パスポートナンバー・国籍・事前審査」というテーマのメールをhesuanjapan@163.comに送ってください。

②大使館の返信メールに従い、少なくとも14日間の自主隔離をし、健康状態に異常がないことをご確認の上、「自主隔離承諾書」にサインしてください。

③搭乗2日前以内に指定検査機関でダブル検査を行い、ダブル陰性証明を取得します。抗体が陽性の場合、ワクチンの接種完了証明が必要です。

上記のすべての資料と日本の居留証明(在留カード、住民票、ビザなど)、航空券の予約証明をご提出ください。外国籍の方は、中国のビザ或は居留許可も必要です。すべての資料をまとめてアップロードし、健康コードを申請してください。

 

 

PCR検査と陰性証明書合わせて日本語の場合税込35,000円(英文の場合は税込45,000円)、X線検査と診断証明書合わせて税込8,000円となります。

お電話または入力フォームよりご予約可能です。

 

 

当院では自費での新型コロナウイルスの抗体検査・抗原検査を行っています。

・抗体検査・抗原検査実施時間:平日9:00〜12:30  16:00〜19:00  土曜9:00〜12:30

 

 

【抗体検査:中和抗体(S抗体)検査】

血液検査でワクチンの効果があるかどうか + 以前新型コロナウイルスにかかったかどうかを調べることができます。

中和抗体であるS抗体(スパイクタンパク質(S)に対するIgG抗体)の抗体価を調べることにより判定します。

ワクチンを接種後時間が経過した方、ワクチンを1回しか接種していない方、海外のワクチンを接種された方、過去に風邪症状があったものが新型コロナウイルス感染症であったかどうか確認したい方、過去に陽性と診断されたものの本当かどうか疑問に思っている方、これまでの自分の感染対策が間違っていなかったかを確認したい方などにおすすめします。

PCR検査ではないため、現在感染しているかどうかは調べることができません。

 

・詳細な数値で判定する定量検査の場合、外注となるため9900円(税込)、結果は2-3日かかります。

・(+)か(-)のみを判定する定性検査の場合、5500円(税込)、結果は15分で判明します。

 

ご予約なしで受けていただけます。一般診察時間内に受付までお越しください。

 

その他詳しい情報は有識者の見解のリンクをご覧ください。

日本医師会 COVID-19有識者会議ホームページ

 

 

【抗原検査】

鼻咽頭ぬぐい液を検査することにより、現在新型コロナウイルスにかかっているかどうかを調べることができます。

しかし、無症状の場合はPCR検査よりも感度が低いと言われており、積極的にはお勧めしておりません。

無症状の場合はPCR検査、有症状の場合は保険適応での各種検査をおすすめします。

帰省先やお住まいの自治体より補助が出る場合や、高齢者施設などの職員・患者に対してスクリーニングを行う必要があるもののPCR検査が困難な場合などに自費でご利用いただいております。

なお、抗原検査の結果が陰性であっても「標準予防策を継続する必要がある」とされています。

料金は診察料込みで11000円(税込)です。

日本語や英文の証明書の料金は別途かかります。

鼻咽頭ぬぐい液を採取し、15〜30分ほどで結果がわかります。

予約制としております。お電話でお問い合わせください。

医療法人
  うかい医院

  UKAI CLINIC

〒 470−0116

愛知県日進市東山

4−621−2

 

4-621-2, Higashiyama, Nisshin, Aichi, Japan

 

Tel : 0561-74-1551

 

 

 

【混雑状況:12/9更新】

祝日と隣接する日は混雑します。

平日午前中、(木)(金)の18時以降、(土)の11時以降は混雑しています。

午前 9:00-10:30
10:30-11:30
午後 16:00-17:00
17:00-18:00

 

混雑 待ち時間30〜60分
やや混雑 待ち時間20〜30分
やや空いている 待ち時間10〜20分
空いている 待ち時間0〜10分